新電力一括見積もり比較サイト!!電力会社よりも安い理由とは??

新電力の選び方

現在は、50KW以上の場合のみ利用する事ができる新電力ですが、今後、一般家庭においても利用する事ができるようになっています。

 

では、実際、新電力の利用を考えた際、どのような点に注意し選ぶと良いのでしょうか?

 

まず、新電力の場合においても、今までの一般電力会社と同様、利用する事ができる地域と出来ない地域が発生します。

 

その為、販売店を調べ、自分が住んでいる地域に対応可能なのか調べた上で選ぶ必要があります。

 

また、環境に配慮した新電力会社を選びたい場合は、ホームページやパンフレットなどでCO2の排出数をチェックすれば分かりやすいと思います。CO2の排出量が低ければ低いほど、風力発電や太陽光発電などといった自然エネルギーを利用していると言う事がわかってきます。

 

これら各自、新電力の選ぶ点に注目し電力会社を選択したうえで、代理店を設けている新電力会社の場合は、代理店を通し契約し、代理店がない場合は、直接、問い合わせ、契約する流れとなってきます。

 

どちらにせよ、大掛かりな工事などは一切必要なく、一般電力会社から新電力会社への移行を勧めて行く事が可能となっており、契約などといった手間以外は、大きな手間も必要なく乗り換えが可能になっています。

一般電力会社と新電力の違いとは?

 

一般電力会社とは、従来、電気を購入していた電力会社の事を言い、東京電力や中部電力、関西電力といったように地域によって異なる電力会社になっています。

 

今まで、電気を購入する場合、このような一般電力会社にしか、購入する事ができす、言いかえれば、電力会社を選ぶ自由は消費者にはありませんでした。

 

それが、現在、50kw以上の大口消費者に対し新電力からでも電気の供給を受ける事ができるようになっており、今後、一般家庭においても、新電力を供給する事ができるようになっています。

 

では、そんな新電力とは、どのような物かと言うと、新電力の場合、送電線を一切持っていません。

 

その為、送電する際には、その地域の一般電力会社の送電線を利用し、電気を供給する仕組みになっています。

 

一般電力会社と新電力会社の違いは、送電線の有無のみとなっており、その他、利用するにあたり目立った違いはありません。

 

もちろん、新電力においても安定供給を受ける事が約束されており、使用するにあたり停電などの心配も一切必要ありません。

 

そんな新電力は600社以上にもなっており、今後、一般家庭でも利用する事になれば、電力会社を選ぶ事が自由になり、少しでも電気代を抑える努力を行う事も可能になってくると思います。

新電力に変えるということ

 

新電力というのは既存の電力会社とは違ったいわゆるソーラーなんかといったような自然のエネルギーによって発電する一つの手段の事です。

 

近年では設立も増えてきているそうです。

 

これからは一般電気事業だけでなくすべての人が新電力を利用できるようになる出きるようになると思います。

 

まだ活動で来ている会社自体は少ないですが今後増えていくことでしょう。

 

消費者の幅も広がる者です。では、新電力を選択するとどんないいことがあるのでしょうか。

 

まずでき料金がこれまでより全然安くなります。

 

なぜなら、普通の電力会社の場合は内部的なコストとして消費者に基本料金などを上乗せしてきたのが新電力になると変わってそうした制限がなくなるのです。

 

例えば、携帯にもかかるような基本料金と鋳物がなくなると考えると簡単かもしれません。

 

そのようになるため、消費者からすれば大きく負担を減らせるのです。

 

ただ気を付けてほしいのがどこの家庭も新電力に変えられるというわけではないということです。安くなるという、いいことがあるばかりではないのです。

 

解約した電気会社のほうが安くなってしまうという場合もあるのです。

 

夜の間は割り引かれるというプランの電機会社があるため、不用意に帰るのはおすすめしません。

 

きちんとプランの把握は必要です。